結露防止・防音・断熱 内窓[プラストサッシ]の施工 - 大信プラスト販売株式会社 config fine

  • 製品情報
  • 施工例
  • 価 格
  • その他の商品
 

断熱効果

内窓プラストは、アルミサッシ+木製ガラス戸の3倍もの気密性。
窓際も快適な暖かさ。

通気量と熱貫流率二重サッシにする事により気密性が良くなり、サッシの間の空気層が断熱効果を高めます。

その他にも内窓プラストには、断熱のための優れた加工技術によって、各所に気密性を高める工夫が、より一段と際だっています。

完全な密閉構造ではなくとも、必要な断熱を施すことで、冷暖房効率が飛躍的に上昇(既存住宅でも対応可能なメニューもあり)します。

開口部と熱量の入出の関係

開口部では、夏に外から入ってくる熱は全体の71%冬に外に逃げていく熱は全体の48%にもなります。

  

上記データは平成4年の基準で建てた住宅モデルにおける例であり、次世代省エネ基準ではありません。(資料:東京大学工学部建築学科坂本研究室)

断熱性 サッシとガラスの組み合わせ 逃げる熱の度合い 備 考
高い
断熱性
低い
二重サッシ
外側アルミサッシ
単板ガラス

内側プラスチックサッシ
単板ガラス
35.7 引き違いのサッシを2枚使用。遮音性が高く、室内の音が漏れず室外の音が聞こえにくい。
アルミサッシ

複層ガラス
71.4 ガラスは複層だが、サッシがアルミなのでヒートロスと結露が発生しがちです。
アルミサッシ

単板ガラス
100 アルミサッシに1枚ガラスのごく普通の仕様の窓。このままでは、熱が逃げやすい。
メールでのご質問などはこちら
このページの上へ